OUR  SERVICES

◆Business Field ~事業領域

①顔認証システム運用トータルサポート
   ・登録、更新、メンテナンスを一括サポート

②セキュリティーコンサルティング
   ・不明ロスの見える化
   ・接客防犯サポートシステム構築

③マーケティングサポート
   ・映像による調査、データ分析

④Secure‐cityProduce(IT版見守り制度)
   ・セキュア・プラットホームを活用し、社会インフラをデジタル
         イノベーションすることで誰もが安全に暮らせる街づくりの
         お手伝いをします。

Features

顔認証運用のプロフェッショナル

防犯システム構築の現場経験と高い映像分析技術を有する我々は、店舗内での不正行為を5年間で16,000件以上検知し分析して来た。
その研究の成果は、サーベイランスセンターに蓄積され、不明ロスの見える化を実現。顔認証システムを使って数億円のロス削減に成功した。
この経験の中で、顔認証システムの安全運用に関する高い基準と高度なノウハウを手にすることが出来た。
CIAはこれからも社会に役立つサービスをご提案してまいります。

OUR  MISSION  /
CIA HISTORY

◆History 〜ヒストリー

History

我々は日本中にセキュア・プラットホームを
構築し、世界に誇れる日本の安全文化を高める

1997年   電気・通信工事を行う「有限会社ながおか」を設立
                配電線保守業務を開始

2008年   CATV・光回線工事に参入・防犯カメラ工事にも着手

2009年   小売業のお客様より、確実にロスが減る防犯システムが欲しいとの
                要望があり店舗における不明ロスの研究を開始
                併せて不明ロスの原因を追求するカメラの開発を始める

2014年   映像分析カメラ完成

2015年   CIA株式会社 設立
                店舗における不明ロス対策事業を本格的に開始

2015年   店舗内における不正行動自動検知システムの開発

2017年   映像を集中管理するサーベイランスセンターの設置
                映像分析技術と自動検知システムを使い、店舗における不明ロスを
                解決するスキームを完成

2019年   AI開発に着手
2020年   新サーベイランスセンター開設

トップメッセージ

CEO
Hideki Nagaoka

長岡秀樹



今、顔認証システム革命の開始地点と言われています。現在、この技術はセキュリティー分野と関連付けられることが多い。しかし、変化の激しい社会にあって、この技術は人々の財産と生命を守る重要なツールになり得ると大きな期待が寄せられている。

古き良き日本は、三世代が一緒に住み、近所同士でお互いを見守るコミュニティーがありました。超高齢化、核家族、単身世帯が増加した今、その良き制度は崩壊し、様々な事件、事故が起こっています。

CIAは、顔認証システムの運用を通して得た経験から「セキュア・プラットフォーム」を構築し、古き良き日本のコミュニティーを「IT版見守り制度」として復活して行きます。

「セキュア・プラットフォーム」は社会インフラのデジタルイノベーション化を図り、一人ひとりの安全を守り抜いていきます。

Contact

CIAへのお問い合わせは
下記のフォームよりお願いいたします

お問い合わせ

内容

CIA株式会社

CIA Co., Ltd.

代表取締役 長岡秀樹
設立 2015年9月11日
事業内容 顔認証システム運用トータルサポート
セキュリティーコンサルティング
マーケティングサポート
Secure‐cityProduce(IT版見守り制度)
本社・サーベイランスセンター 〒730-0013 広島市中区八丁堀11-8 エフスペース八丁堀7F
TEL:082-299-9751
主要取引先 日本電気株式会社
NECキャピタルソリューション株式会社
取引銀行 広島銀行
愛媛銀行
広島信用金庫
活動 日本万引防止システム協会  (カメラ画像安全利用推進委員会  委員)
Copyright(c) CIA株式会社...CIA Co., Ltd.  All Rights Reserved.